ペニス増大に絶対欠かせない成分はたった3種類しかない

ちんこを大きくする、理論的には単純です。

勃起時の膨張率を上げればいいんですから、ペニスに流れる血流をアップして、受け入れる平滑筋・海綿体の弾力性を高めればいい、ということになります。

それが難しいんですけどね。

筋トレの筋肥大で考えてみましょう。筋トレはトレーニングを続けることで筋肥大しますが、効率よく筋肥大するためにプロテインなどの栄養素を取り入れます。

同じように、ペニスもチントレだけしていてもなかなか大きくできず、必要な成分を取り入れることで成長が促進します。

その“必要な成分”は実は3種類しかありません。アルギニン・シトルリン ・亜鉛です。

この3種類に注目すれば、数ある増大サプリの良し悪しもわかるようになります。

そう言える理由と効果的な摂取方法について見ていきましょう。

アルギニン・シトルリン・亜鉛が増大に欠かせない理由

冒頭でもお伝えしたとおり、ちんこを大きくするには「血流量のアップ」と「平滑筋・海綿体の弾力性を高める」ことが重要です。

そのサポートをする成分がアルギニン・シトルリン ・亜鉛の3種類です。

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で、タンパク質の構成要素。そして体内でNO(一酸化窒素)という 血流促進 する効果のある物質に変換されます。

動物やヒトにおいてアルギニン投与が血管拡張作用を示すことや抗動脈硬化作用を持つ可能性が多く報告された。

引用:動脈硬化症とアルギニン,シトルリン

血流が良くなれば、ペニスに流れる血液の量も増加します。

また、アルギニンには 成長ホルモンの分泌 を促進する働きもあります。

アルギニンは、脳下垂体を刺激して成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

引用:アルギニンの持つ作用 |協和発酵バイオの健康成分研究所

成長訪問にはタンパク質の合成を促進させる効果があるため、海綿体を大きくする効果が期待できます。

アルギニンは一部の食品(赤身肉、魚、鶏肉、豆、大豆、ナッツ)に含まれています。

taichi
タンパク質を多く含む食品に含まれています

ですが、赤身肉100gあたり2g程度しか入ってないので、食事だけで十分な量をとるのは難しく、サプリで補うほうが現実的です。

アルギニンの増大効果は根拠あり!?過剰摂取で副作用のリスクも

続きを見る

シトルリン

シトルリンは天然のアミノ酸で 血管拡張作用 があります。スイカの白い部分に多く含まれています。

シトルリンは体内でアルギニンに変換され、そこからNO(一酸化窒素)が生み出されます。

アルギニンとの相乗効果でより多くのNOが作れられることから、アルギニン単体で摂取するよりも効率よく血流促進効果が発揮されます。

これはNOの仕組みと働きを解明してノーベル生理学・医学賞を受賞したイグナロ博士によって判明しました。

taichi
イグナロ博士は「バイアグラの父」って呼ばれているスゴい人

シトルリンはスイカなどのウリ科に多く含まれています。微量ですがアルギニンと同じようにタンパク質を多く含む食品に含まれています。

しかし圧倒的な含有量のスイカでさえ100g中180mgしか入っていません。こちらもサプリで補うほかありません。

【シトルリンのペニス増大効果】仕組み・アルギニンとの関連性

続きを見る

亜鉛

亜鉛は 男性ホルモン(テストステロン)の分泌 を促すミネラルです。

テストステロンは「男らしさ」を象徴するホルモンで、勃起にも深く関わっています。

ED(勃起障害)もテストステロンと深いつながりがあって、治療にホルモン注射や軟膏の塗布が行われているんですよ。

テストステロン低下によるEDには,テストステロン補充療法が有効であり,わが国では筋肉注射が用いられている。

引用:ED診療ガイドライン2012年版

テストステロンは性機能の発達に欠かせない成分ということがわかりますよね。

taichi
アメリカで亜鉛は「セックス・ミネラル」と呼ばれているほど

亜鉛は牡蠣、パルメザンチーズ、抹茶、アーモンドなどに多く含まれています。

食事で毎日数mgは取れているけど十分ではなく、オナニーやセックスで精液と一緒に出ていってしまいます。

「亜鉛でテストステロン増やせばモテる」は事実だった

続きを見る

アルギニン・シトルリン・亜鉛の摂取量の目安

アルギニン・シトルリンの目安は、NO(一酸化窒素)の仕組みを解明してノーベル賞を受賞したイグナロ博士の著書『NOでアンチエイジング』に詳しく書かれています。それによると、

アルギニン・・・3000~6000mg/日
シトルリン・・・1000mg/日

亜鉛の目安は、厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準2015年版」によると、

亜鉛・・・10g/日

taichi
この量を目安に増大サプリを選んでみましょう

増大をサポートする成分

アルギニン・シトルリン・亜鉛ほどマストな成分ではありませんが、入っていたほうがペニス増大が期待できる成分もあります。

これは複合サプリメントという考え方で、複数の素材を組み合わせることで、中心的な働きは強化されて、また1つの素材ではカバーしきれない働きを期待できます。

トンカットアリ

テストステロンの素となるDHEAの分泌を高める

トンカットアリは東南アジアで古くから伝わる伝承薬で、滋養強壮、体力向上、性機能向上など、男性の性的能力を高める植物成分 です。

トンカットアリに含まれるユーリペプチドという物質がDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)を多く分泌させます。

トンカットアリ水抽出物テストステロンとデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)を増大させた。さらに、テストステロンレベルを修飾し、身体の要求に対して十分な遊離テストステロンを確保することも明らかになった。

引用:標準化トンカットアリ根水抽出物を用いて行われた臨床試験

DHEAは男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのエストロゲンなどの素になるため「マザーホルモン」とも呼ばれています。

ペニス増大に必要な海綿体の成長もペニスの血管拡張に大切なNO(一酸化窒素)もテストステロンが重要な役割を果たしています。

ムクナ

必須アミノ酸の宝庫

ムクナは東南アジア~南アジア原産のマメ科の植物で、古代インドから精力剤として使われてきた長い歴史のある薬用植物です。

必須アミノ酸はマカの2~4倍もあるアミノ酸の宝庫。

 マカムクナ
イソロイシン260289
ロイシン4001016
リジン300694
メチオニン100424
フェニルアラニン260668
トレオニン300571
トリプトファン90247
バリン370476
ヒスチジン220376
100gあたり 単位:mg

ペニスの素にもなるタンパク質を作るためには20種類のアミノ酸が必要です。

そのうちの11種類は体内で作り出せますが、残りの9種類は食品から摂取しなければなりません。だから必須アミノ酸と言われています。

インドのマハラジ大学で行われた研究によると、ムクナ粉末を1日1回5gを3ヶ月投与したところ、テストステロン濃度が139%増加して、正常な男性と同レベルまで改善したそうです。

ビタミンC,E

NOを酸化から防ぐ

ビタミンC、Eは体内で抗酸化物質の役割を果たし、NO(一酸化窒素)を守る盾の働きをします。

NOが酸化するのを防げばペニスへの血流の強化に繋がります。

まとめ

筋トレの筋肥大にプロテインが必要なように、ペニス増大にはアルギニン・シトルリン・亜鉛が必要です。

増大サプリを選ぶ際はこの3種類が入っていることと成分量に注目すれば、ガッカリ商品を掴まされる確率は大きく減るので、参考にしてみてください。

-ペニス, ペニス増大

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 イエラボ