楽しい暮らしに大切なこととは色々なことが充実していること

楽しい暮らしに大切なものは色々あると思います。

まず仕事が充実していることで、一般的なサラリーマンは一週間の3分の1以上は仕事をしているわけですからここが充実していないとなかなか楽しい暮らしにならないと思います。
仕事の悩みがあると仕事が終わった後も、そして休二みの日まで憂鬱な気分になってしまうことがあるので仕事の充実はとても大切なことです。

次に趣味が充実していることも大切で、趣味がなく休日は家で寝ている人よりも外で友人たちと趣味のフットサルをやっているという人のほうが客観的に見て楽しい暮らしをしているように感じます。
一般的なサラリーマンは週休2日ですから、1日は寝ててももう1日はなにか熱中できるものがあったほうがいいのではないかと思います。

お金があるということも楽しい暮らしには必要なのではないかと思います。
人並み以上にお金がある必要はないとは思いますが、借金を作ってしまうほどお金がないと日々の生活の中での不安が増します。
借金があると返済日に追われてしまい心に余裕がなくなり日々の生活を楽しむどころではなくなってしまいます。
逆にお金がある人は心に余裕があり日々の生活を楽しむことができると思います。

最後に人間関係の充実も楽しい暮らしには大切です。
友人、恋人や家族といった人間関係がうまくいっていたほうが日々の生活は楽しいです。
逆に友人も恋人も家族もいない人はいる人よりも楽しくなさそうに見えてしまいます。

楽しい暮らしに大切なことは個人差はあると思いますが以上のことが大切だと思います。

精力絶倫女性と割り切りサイトで出会いセフレ関係になり精力剤を飲んで頑張っています

妻と毎日夫婦生活をしていて性欲は満足していたのですが、別の女性ともセックスをしたいと贅沢な欲望を持つようになりました。
そこで私はその欲望を叶える為に、割り切りサイトで割り切り募集して女性を探し始めました。
しかし割り切りサイトの使い方に慣れない所為か、一人の女性とも会う事が出来なかったのです。
そんなある日私に、割り切りサイトを通じて一人の女性が会いたいと言って来ました。
このチャンスを逃す訳にはいかないと思い、私は彼女に直ぐに会う事にしました。
会うと彼女は私を直ぐに、ラブホテルに誘って来たのです。
余りにも話がトントン拍子に進むので戸惑いましたが、ラッキーと思って彼女の誘いに乗ったのです。
ラブホテルの部屋で彼女は、私のズボンとパンツを降ろして、ちんちんを手に取り口に咥えました。
そしてもぐもぐとリズミカルに私のちんちんをしゃぶって来たのです。
私はそれであっという間にちんちんが勃起して、彼女の口を占領しました。
それでも彼女は私のちんちんを吐きだす事なくもぐもぐを続けた事で、私はピークに達して彼女の口の中に熱い液体を吐きだしました。
すると彼女は直ぐにベッドに仰向けに寝て、「もう一回しましょ」と言って来たのです。
私は出してすっきりしたのでもう良いかなと思ったのですが、彼女のおかげで気持ち良くイケたので、彼女を気持ち良くするために頑張る事にしたのです。
そして何とか精力を振り絞り、私は彼女をイカセル事が出来たのです。
彼女とはこの後上手い具合に話しが進み、セフレ関係に成れました。
私は彼女とセフレ関係に成れて嬉しかったのですが、それから彼女が精力絶倫女性だと言う事が分かり、毎回二回戦も三回戦も要求されているのです。
普通の性欲しか持っていな私にとっては、二回戦や三回戦は酷ですが、折角セフレが出来たので、精力剤を飲んで何とか頑張っています。

「神奈川県:30代:男性:会社員」

割り切り募集で出会った男性とホテルに行ったら緊縛

サイトでメールのやり取りをしていたその人はデザイナー事務所に勤めているという三十二歳の男性でした。
実際に会った彼はサイトの顔写真よりも少しだけふっくらしていましたが、概ね感じのいい人で近くのレストランで食事した後喫茶店に入って二時間ほどお話しました。夕方になってきて今日はホテルに行くのかな?と思っていたのですがその日はそのまま別れ、実際にホテルに行ったのは二度目に会った時です。

ホテルに向かう途中で見かけたドラッグストアに入り、避妊具や潤滑ゼリーなどを二人で選んで買いました。ホテルによると備え付けのゴムが安物で使い心地がよくない事があるのです。ところで最近のああいったグッズのパッケージは可愛いものが多いと思います。
ホテルの部屋はベッドが丸く、照明が紫で雰囲気むんむんでした。シャワーを私が先、彼が後で浴びたあとベッドで一戦です。
ところでそれまでのメールのやり取りで分かっていた事なのですが彼はベッドではサディストでした。初めてのセックスでいきなり縛られました。
後ろ手に赤い縄で縛られ、赤い布で目隠しされて乳首を洗濯ばさみの様なもので挟まれたりクリトリスを玩具で弄られたりと散々焦らされたあと、びしょびしょに濡れたアソコに挿入されます。喉まで入ったのではないかと思う圧迫感で正直目茶苦茶気持ちよかったです。

以前割り切り募集を通じて出会ったイケメン気取りの自称サディストは、フェラした際に強引に咥えたこちらの喉の奥に当てる様にしてきて挙げ句に断りもなく口内射精をしてきました。腹が立ったので出されたザーメンをそいつの筋肉のろくに付いていないサンマみたいな薄い腹の上に吐き出してやった事があります。
その点彼はプレイの端々に気遣いが感じられ、終わった後は一緒にお風呂に入って体を洗ってくれました。
本当のSな性癖の方は自分の性的嗜好が特殊な事が分かっているので、偏見や誤解を受けないようにベッドでもある意味相手の事を常に思いやるのです。
東京・二十代・女・飲食店店員